中古車買取・下取りで乗り換え

自動車購入を考えている方のうち、そのほとんどは初めての車ではなく、
今現在乗っている車から、新しい車に乗り換えるという方がほとんどかと思います。

そういった場合に、今乗っている車を出来るだけ高く売って、
あたらしい車の購入資金の足しにするのが常識ですね。

ディーラーで新車を購入する場合にも

かつては、ディーラーで新車を購入する場合には、
ディーラーで今乗っている車を下取りしてもらって、
新車購入の足しにするのが普通でした。

現在でもこういった乗り換え、買い換え方法が最もお得であるケースもありますが、
今乗っている車の車種や年式、状態によっては、一般の買取業者に売り
そのお金を新車購入の足しにするほうがお得になるケースもあります。

しかし、実際に買取業者を訪問するのは非常に時間と手間のかかる作業ですので、
なかなかたくさんの業者に見積もりをだしてもらうのは大変でした。

しかし最近ではネット上で、無料で車買取を一括見積もりができるサイトが
沢山ありますので、こういったサイトを利用して、まずは簡易的な見積もりをしてもらい、
その中で、高額査定を提示してくれた業者だけを実際に訪れて、
本格的な査定をお願いするといったやり方をすれば、
効率よく高額買取をしてくれる業者をみつけることが可能です。

ディーラーでは下取り価格で値引き分を調整する

実際に買取業者を利用するかどうかは別として、ディーラー側にはまず
下取りする方向で、見積もりをだしてもらいます。
そして、交渉を重ねてギリギリまで値引きしてもらった見積もりをもらってから、
実際に下取りにするのか、買取にするのかを検討するというのが賢い商談方法です。

この段階で、買取のほうがお得であれば、下取りはなしでという方向にしても、
ディーラー側も一度値引きをしてしまった手前、値引きをナシにしにくい状況になります。
ただ、ディーラー側も見積もり前に下取りをするという条件で、
といった風に先回りされてしまうケースもあります。

ローンの場合には注意が必要

また、見積もりの条件として自社のローンや
提携ローンを利用することを、前提とするケースもあります。

もちろんそのまま条件どおりのローンを利用するのであれば、
問題はありませんが、支払い方法も見積もりの条件となっているかどうかにも、
注意が必要だといえるでしょう。

↑PAGETOP