来年度から消費税増税が決定

先日10月1日、ついに来年度からの消費税増税の決定が発表されました。

テレビなどのマスコミでは、年末のボーナスについてバブル期以来の伸び率をみせて、
大幅に上がる傾向であるなどとの報道があったり、景気動向についても
上向きであるとの報道が多く聞かれますが、実際のところはどうなのでしょうか?

本当に給料やボーナスが上がったり、目に見えて景気が良いと感じられる業種の方はさておき、
実際にそういった実感をもてる方は、まだまだ少ないのではないかと思います。

さて、消費税UPに向けて車を買い替えるのページでも消費税増税と、
自動車購入について触れましたが、増税が正式発表されたことにより、
いよいよ秒読み段階、待ったなしの状況となってきています。

増税前の購入なら今が最後のチャンス

もしも増税前に購入を考えているのであれば、今が最後のチャンスなのではないかと思います。
新車にしても、中古車にしても、販売店でご自分が欲しい車両をじっくりと選ぶには、
それなりにある程度の時間がかかります。

特に中古車の場合などには、年式や装備、走行距離や程度などなど、
さまざまな要素絡み合ってきますし、新車の場合でも装備の違いによる値引きや、
納車時期の違い、それらについての販売店との交渉は、じっくりと行いたいものです。

こういったことを踏まえた上で、さらには増税前の最後のボーナス商戦。
販売店としてもある程度の営業成績が欲しい、と考えるであろうことは容易に想像がつきます。

増税後の優遇措置は?

例えば、住宅購入についても、大きな買い物であるという点で、増税前の購入がお得かどうか?
お悩みの方もいらっしゃるかと思います。

現時点では、住宅購入については増税後も住宅ローン減税や、補助金などの導入が決定しています。
もちろん自動車購入に比べて高額となる場合が多いですから、このような対応もしかるべきかとも思えます。

反対に、
自動車購入に関しては、増税後に新たな補助金などの優遇措置は用意されていません。
もちろん、以前のエコカー補助金制度が突然終了してしまったように、
今回もそのような優遇措置が突然発表されないとも限りませんが、
少なくとも現時点においては、用意されていない点を考え合わせると、
今が買い時のラストチャンスとも言えるのではないかと思います。

↑PAGETOP