マイカーローンを大別すると

マイカーローンはその融資元によって、
大きく二つの種類に分類することができます。

預金金融機関系

預金金融機関系

銀行のマイカーローン

JAバンク(農協)のマイカーローン

労金のマイカーローン

損保会社のマイカーローン

各金融機関でマイカーローンを申し込み、
審査を通過し、契約が成立すると、
自動車購入のための融資金が契約者の預金口座に
振り替えられます。

その融資金を契約者が販売会社に支払い、
毎月金融機関に返済するという形式のものです。

ノンバンク系に比べると金利が低く設定されており、
総支払額を安く抑えられる点が最大のメリットといえます。

しかし、申し込み手続きのすべてを契約者で行う必要があるほか、
審査に関してノンバンク系よりも厳しい傾向にある点などが特徴だといえます。
また、購入後直ちに、自動車の所有者名義は契約者のものとなります。

ノンバンク系

ノンバンク系

信販会社のマイカーローン

ディーラーのマイカーローン

信販会社や、ディーラなどが提供する
マイカーローンです。

仕組みとしては、他のショッピングクレジットなどと
ほぼ同様で、一定の審査を通過した後、
信販会社が購入代金を立て替えて支払い、その後、
契約者が分割払いで返済するという形式のものです。

預金金融機関系のマイカーローンに比べて金利が高めな傾向にあるため、
総支払額も大きくなってしまう場合が多い反面、 審査に関して比較的通りやすい傾向にあるほか、
申し込み時の手続きのほとんどを、 販売店によって代行してくれるケースが多いです。
また返済が完了するまでは、自動車の所有者名義が信販会社名義となります。

この二つの分類の中でも、上記のようにさらに細かく分類することができ、
それぞれのマイカーローン提供元によって、さまざまな特徴があります。
それらの特徴については、他ページにて後述してゆきたいと思います。

↑PAGETOP