勤務先・勤続年数について

年収と並んで重要視されるといわれている項目に
勤務先・勤続年数があります。

また、これらに併せて雇用形態についても審査の対象となります。

勤務先

他のローンなどと同様に、勤務先については特に重要視されます。
やはり大手企業で業績も安定している場合などが最も審査には通りやすくなります。
安定した収入が見込まれるほか、会社自体が倒産してしまったり、
離職や失業といった可能性が低いと判断されるのはいわずもがなです。
また、公務員も同様の理由から審査に通りやすい傾向にあります。

そして中小企業や零細企業、個人事業主の場合は、
上記と比較すると安定性や、倒産、失業の可能性が高いと評価される場合が多く、
審査に通りにくくなる傾向にあります。

勤続年数

勤続年数に関しては、長ければ長いほど安定していると評価され、
審査の面では有利になる傾向にあります。

では、審査を通過できる勤続年数のボーダーラインはどれくらいなのでしょうか? 申し込み条件として、勤続年数について明記しているマイカーローンもありますが、 マイカーローンを申し込む金融機関、会社によって基準はまちまちです。

一般的には勤続年数3年以上であることが
ひとつの目安であるといわれています。

雇用形態

雇用形態もまた、他のローンなどと同様に重要視されます。
審査の通りやすい順に、おおよそ下記のようになります。

審査の通りやすい順

公務員⇒会社員⇒派遣・契約社員⇒自営業⇒アルバイト・パート

アルバイト・パートの場合は一般的に審査の面ではかなり厳しいといわれていますが、
これらも条件として申し込み可能であると明記しているマイカーローンもあります。

もしも明記されていない場合でも、 継続安定した収入を証明できたり、
比較的高い収入を得ていたり、勤続年数が長かったりする場合は、その限りではありません。

↑PAGETOP